健康的な食事を行なうなら、グラノーラが適しています

毎日利用し続けたい高い効果を持つもの

食べ方が豊富

グラノーラの起源と変遷

グラノーラとは麦類やとうもろこしをローラーでつぶしたものや玄米をきな粉や糖類と油とまぜてオーブンで焼いたもので栄養バランスのとれた健康食です。 グラノーラという呼び名はコーンフレークスでも有名なケロッグ社の創立者ジョン・ハーヴェイ・ケロッグ博士が商標登録する為につけた商品名で、穀物や粒状のものといった意味が込められています。 また、これに、ドライフルーツやナッツ類を加えたものをフルーツグラノーラと呼んでいます。 商法登録される前から似たようなものは存在しており、水や牛乳で柔らかくし病人に与える、いわば病院食といった扱いでした。 その誕生は19世紀とみれます。 その後、ケロッグ博士により一般向けにより食べやすく美味しく改良されたグラノーラは健康志向の高まりもあって大人気となり、欧米、特にアメリカの朝食の定番となります。 コーンフレークスはどうやらグラノーラを改良する際に誕生した物のようです。 日本でも1988年にカルビーから発売となりましたが、アメリカほどの定着には至りませんでした。 ですが、近年、その人気が再燃し、さらなる進化を遂げています。

ブーム再来。そして多様化する食べ方

近年の朝活ブームも追い風となり、フルーツグラノーラが再び注目されることとなりました。 2013年のインターネットの人気検索ワードにはフルグラが出てくるほどでした。 また、その年の売上高は前年の約3倍の規模だったそうです。 巷では、とうとうオーガニックへのこだわりからグラノーラ専門店まで登場し話題となりました。 もはや、日本でも朝食の定番となりつつあるグラノーラは、食べ方にもレパートリーが広がり、従来の牛乳やヨーグルトをかけたり、アイスやパフェのトッピングとしての使い方にとどまらず、パンケーキやトーストにメープルシロップやハチミツと共にかける朝食にピッタリな食べ方や、手軽に外でも食べやすいようビスケットやバータイプに加工された商品も発売されました。 アメリカでは、冬でも温かいミルクをかけお粥状にしたものがあるそうですが、日本で見る日もそう遠くないかもしれません。

記事一覧

アレルギーの場合

花粉アレルギーの症状を抱えた時、自ら購入して薬を使用することもできるのですがそれにより眠気などの副作用がつきまとうことから、健康食品といったフコダインサプリメントを使用することによって改善が期待できるのです。

続きを読む

低カロリー食品

カロリーを抑えて食事を行ないたい場合はグラノーラが適しています。また、牛乳を加えて食べるだけなので、継続性が重視されるダイエット中にも適していると言えるでしょう。

続きを読む

フコイダンの摂取

健康を維持するためには栄養バランスのとれた食事など私たちの体内に必要な栄養素をしっかりと取る必要があります。注目を集めているものにフコイダンがあり、病気予防にもなるので魅力的といえるでしょう。

続きを読む